数理?データサイエンス?AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)対象授業について

尾道市立大学では、大学での学修に加えて、今後の社会生活で必要となる、数理?データサイエンス?AIの基礎について学ぶことができる授業科目を開設しています。 文部科学省の「数理?データサイエンス?AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」には、mg老虎机游戏大厅_mg游戏中心官网6年4月に申請しました。mg老虎机游戏大厅_mg游戏中心官网6年度にプログラムが認定された場合、mg老虎机游戏大厅_mg游戏中心官网5年度開講以降の授業の履修が有効となります。また、年度は未定ですが、経済情報学部については同制度の応用基礎レベルに申請する予定です。

 

1.教育プログラムの名称

  「尾道市立大学 数理?データサイエンス?AI教育プログラム」

 

2.対象となる授業科目

【芸術文化学部】
  教養教育科目「数理?データサイエンス?AI入門」(1年後期)
【経済情報学部】
  専門教育科目「統計学1」(1年後期)
  専門教育科目「マルチメディア論」(2年前期)

<注意事項>

?「数理?データサイエンス?AI入門」は、mg老虎机游戏大厅_mg游戏中心官网5(2023)年度以降入学の学生が受講できます。
?経済情報学部の学生が「数理?データサイエンス?AI入門」を教養教育科目として履修することは可能ですが、「数理?データサイエンス?AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」の対象授業の履修とはなりません。経済情報学部の他の専門科目との連接を考慮して、「統計学1」と「マルチメディア論」による科目構成となっています。
?芸術文化学部の学生が「統計学1」を教養教育科目として履修することは可能ですが(経済情報学部の専門教育科目を芸術文化学部の学生に「開放科目」としているため、教養教育科目として履修可)、「数理?データサイエンス?AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」の対象授業の履修とはなりません。また、「マルチメディア論」を履修することはできません。

 

3.修了要件

次の単位を修得すること

【芸術文化学部】
  教養教育科目「数理?データサイエンス?AI入門」(2単位)

【経済情報学部】
  専門教育科目「統計学1」(2単位)
  専門教育科目「マルチメディア論」(2単位)

 

4.教育プログラムにおいて身につけることのできる能力

【芸術文化学部】
1:データ?AI活用領域の広がりを理解し、データ?AIを活用する価値を説明することができる。
2:文献や現象を読み解き、それらの関係を分析?考察し表現することができる。
3:データ?AIを利活用する際に求められるモラルや倫理について説明することができる。

 

【経済情報学部】
1:社会で活用されているデータを知り、記述統計の考え方や基本的な手法を利用し、データを読み、データを説明し、適切に扱うことができる。
2:デジタル化技術について説明できる。
3:人工知能などのデジタルデータを活用する新たな技術について説明できる。
4:デジタル技術やそれを活用する新技術により社会がどのように変化したか説明できる。

 

5.授業の方法及び内容

モデルカリキュラム(リテラシーレベル)との対応
  「数理?データサイエンス?AI教育プログラム」対象科目

プログラム構成科目シラバス
  「2024年度芸術文化学部対象科目シラバス」
  「2024年度経済情報学部対象科目シラバス」
  「2023年度芸術文化学部対象科目シラバス」
  「2023年度経済情報学部対象科目シラバス」

 

6.自己点検?評価体制

「数理?データサイエンス?AI教育プログラム」専門部会

 井本伸    (教務委員長)
 藤本真理子(教務副委員長)
 高垣俊之 (教養教育センター長)
 木村文則   (経済情報学部情報コース)
 学務課長、学務課教務係長(事務局)

 

 mg老虎机游戏大厅_mg游戏中心官网5年度自己点検?評価報告書

 

お問い合わせ

事務局
TEL:0848-22-8311