経済情報学部経済情報学科における学士課程教育に関する基本方針

1 アドミッション?ポリシー(入学者の受け入れの方針)
 

 経済情報学科は、経済、経営、そして情報の3分野を併せて学ぶことを特徴としています。基礎的理論と実践的?応用的知識を兼ね備え、主体性をもって自ら問題を設定し解決することで、現代社会のニーズに応えられる人材、社会貢献や地域貢献ができる人材の育成を目指しています。そのために経済情報学科では、入学までに「基礎学力である高等学校等で学ぶ国語、地理歴史?公民、数学、理科、外国語の知識」を身につけていることが必要です。特に、問題分析力につながる「基礎的な数学力」、情報収集やコミュニケーションにつながる「英語力」を身につけていることを重視しています。
 このような教育理念?目標に基づき、経済情報学科は次のような人を求めています。

  • 日常生活の経済現象に関する基礎的な考え方や理論を理解し、各種資料や経済統計を活用して実際の経済を分析し、経済問題を世界的観点から考えて責任ある選択?意思決定ができるようになりたい人
  • 経済社会を支える企業活動の現実を直視し、企業経営に関する理論や分析手法を幅広く学んだうえで、その成果を組織の仕組みの改善に活かしたい人
  • 現代社会の基盤となっている情報システムやネットワークの基本原理を学び、社会問題の解決や日常生活の利便性の向上に意欲のある人


2 カリキュラム?ポリシー(教育課程編成?実施の方針)
 

 経済情報学部では、教養教育等で育まれた多様な価値?文化に対する深い理解を基礎にして、経済?経営?情報の3分野にまたがる基礎的知識?技能を養うとともに、経済?経営?情報の各コースごとに、より高度の知識?技能の修得をはかることができるように体系的に専門教育課程を編成します。

(経済コース)
 経済コースでは、以下の方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

  • 他のコースのコア科目を積極的に履修させ、経済?経営?情報の3分野の基本的な知識と複眼的な発想力を身につけられるようにします。
  • スタンダードな内容を体系的に講義することで、各種資格試験や公務員試験、大学院進学に必要とされる学士課程の学力レベルを保証します。
  • 生活に関わる諸問題を経済学的に把握?分析する「経済的思考力」を持ち、統計の理論や技法を理解し、金融リテラシーを身につけた「数字に強い」学生を養成します。
  • 経済分野の知識の活用能力、探究心、問題解決力、異世代?異文化とのコミュニケーション能力などの諸能力を養成するために、実践的科目を配置し、少人数授業を実施します。
  • 卒業論文等の作成を通じて、経済制度や経済政策のもたらす結果を評価し、制度設計や経済政策を立案する能力を身につけられるようにします。

(経営コース)
 経営コースでは、以下の方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

  • 経営学を中心に専門的な方法論と知識を体系的に学べるようにします。
  • 経営分野の知識の活用能力、探究心、問題解決力、コミュニケーション能力など、経済社会及び企業活動において必須となる諸能力を養成するために、実践的科目を配置し、少人数授業を実施します。
  • 経営分野だけでなく、経済や情報科学分野の科目を履修することができ、学際的な視点を養います。
  • 地域に密着した経営問題をテーマとする卒業研究を奨励し、丁寧な個別指導を行います。

(情報コース)
 情報コースでは、以下の方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

  • 情報系の科目を中心に、経済学、経営学の基本的な内容についても学修し、人間の営みにおいて、情報技術を効果的に活用できる能力を身につけられるようにします。
  • 豊富な実習科目を提供することにより、教員から学ぶだけでなく、自律的に学修する場と、学生間で共に学び合う機会を与えます。
  • 表計算ソフトなどにより、データ分析や経済?経営のシミュレーションを行う能力を身につけ、意思決定において有益な指針を与えられる能力を養成します。
  • オブジェクト指向プログラミング言語などを修得し、情報システムを設計?開発する能力を身につけられるようにします。
  • 情報システムや情報ネットワークの構築をはじめ、それらの活用をテーマにした卒業研究を奨励し、丁寧な個別指導を行います。


3 ディプロマ?ポリシー(学位授与の方針)
 

 経済情報学部では、以下の諸能力を身につけ、かつ各コース所定の卒業要件を満たした人の卒業を認定し、「学士(経済情報)」を授与します。

(基本指針)

  • 経済?経営?情報の3分野に関する専門的知見を、人間?社会?自然に関する他分野の学問的知見と組み合わせることで、高度に情報化した現代経済社会の意味を探究する能力を身につけている人
  • 経済?経営?情報の3分野に関する専門的知識および基礎的技能を修得し、それらを活用して現代の経済社会を多面的に理解し、家庭?企業?地域等で活躍する能力を身につけている人
  • 専門的知識?技能と、日本語および外国語によるコミュニケーション能力とを高めることで、日本や世界の諸問題の解決に寄与する能力を身につけている人
  • 尾道市立大学での学びを基礎に、人生の課題の発見?解決のため、生涯学び続ける能力を身につけている人

(経済コース)
 経済コースでは、以下の諸能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した人の卒業を認定します。

  • 全学?全学部共通カリキュラムの履修を通じて、基礎的な学修力を養い、人間?社会?自然に対する探究心と深い理解力を身につけている人
  • 学科における経済?経営?情報3分野の体系的学修を通じて、経済社会?企業社会?情報社会の仕組みを理解し、日本経済?世界経済の現状と動向を理論的に把握できる能力を身につけている人
  • 経済コースの配置諸科目や専門演習の履修を通じて、経済?金融?統計に関する専門知識を修得し、実社会で、それらを基礎に現実の問題や課題を分析し、改善策や解決方法を提示できる能力を身につけている人

(経営コース)
 経営コースでは、以下の諸能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した人の卒業を認定します。

  • 全学?全学部共通カリキュラムの履修を通じて、基礎的な学修力を養い、人間?社会?自然に対する探究心と深い理解力を身につけている人
  • 学科における経済?経営?情報3分野の体系的学修を通じて、経済社会?企業社会?情報社会の仕組みを理解し、経済?経営に関わる情報?データを適切な方法で収集?分析し、課題の発見や解決に取り組む能力を身につけている人
  • 経営コースの配置諸科目や専門演習の履修を通じて、経営?会計に関する専門知識を修得し、実社会で適用可能な経営管理能力、経営改善策?経営戦略の立案能力、問題解決のための実践力を身につけている人

(情報コース)
 情報コースでは、以下の諸能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した人の卒業を認定します。

  • 全学?全学部共通カリキュラムの履修を通じて、基礎的な学修力を養い、人間?社会?自然に対する探究心と深い理解力を身につけている人
  • 学科における経済?経営?情報3分野の体系的学修を通じて、現代の高度情報化社会の仕組みを理解し、情報化社会で生きていくために必要な経済?経営?情報のリテラシーを身につけている人
  • 情報コースの配置諸科目や専門演習の履修を通じて、情報科学?情報工学に関する専門知識を修得し、高度な情報技術を駆使することによって、情報社会における課題を発見?分析し、その解決に取り組む能力を身につけている人